1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 80円の幸せ。PRICKLY HEAT(プリックリーヒート)クーリングパウダー(06/10)
  3. ピピ島アイランドツアー体験記(2004年版)(06/10)
  4. ピピ島アイランドツアーの申し込み(06/10)
  5. タイ国内線が2000円!タイ航空スキ。(06/09)
  6. タイのお土産に タイカレーペースト(06/08)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

80円の幸せ。PRICKLY HEAT(プリックリーヒート)クーリングパウダー

2013.06.10(23:06)
タイのお土産にいいかな~と思うタイならではのクーリングパウダー。

日本のベビーパウダーのようにサラサラのパウダーが入っていて、お塩みたいにフリフリ出して使います。

タイのパウダーにはスーッとするミントのようなパウダーが入っているのでこれからの季節にピッタリ。

これを使った後はお風呂場に白い粉が落ちています(笑)

私は最近はパフを使ってつけるようにしています~☆


以前紹介したのはPROTEXのクーリングパウダーですが、今回紹介するのは、スネークブランドのプリックリーヒート(PRICKLY HEAT)です。
香りはラベンダーです。
20130610_22462011.jpg


金属の缶に入っていて、お花もついていておしゃれなパッケージです。

香りを実際に嗅いでみると・・・・。

ラベンダーの香りはあんまりしないです!!!!(笑)

粉の香りとミントっぽいスーッとする香りがします。ちょっと高貴な感じ!?

悪い言い方をすると・・・おばさん臭い香りです。

いや、決して臭いわけじゃなくていい感じですよ~。リラックスできそうな香り。

しかも、これ、前に買ってきたものを見てみたら26バーツって書いてあった!

約80円で買えるんだね~。安い!
20130610_2246421.jpg

ちょっとかさばるけど、軽いから女子のお土産にはとってもいいと思います!!!

私はクラビのコンビニみたいな小さなスーパーで買いました。

この缶の大きさは15cm位の小さいサイズですが、もっと大きなのもありました。

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

ピピ島アイランドツアー体験記(2004年版)

2013.06.10(00:34)
前回はピピ島アイランドツアーの申し込みの記事を書きましたが、今回はピピ島アイランドツアーの体験談です。

今回のピピ島アイランドツアーは8:50分集合。セブンイレブンの前の桟橋の手前に集合。

なのに、寝坊して朝ごはんを8:40分に食べに行く。(◎ ̄ロ ̄◎;)||||||||||||| ガーン!

でもカバナホテルに宿泊しているのでなんとか走って間に合った。

所が、集合場所に着くとまだ来ていない外人がたくさん居て結局待たされた。
こんな私たちでさえ、さすがは日本人、時間に正確だと身をもって知らされた。

待っている間、近くのお気に入りのパンケーキ屋さんでパンケーキを食べる。ほんと~においし~!

さて、やっと皆さん集合して、ツアーが始まった。
所が、今回の船はなんと屋根がない。と、いうより、私たちが乗り込んだときは既に白人たちに屋根のある場所が占領されていた・・・!船には早く乗り込んでいい場所を確保する事が望ましい。前回の船は全体的に屋根がある大きい船だったのに。仕方ないので帽子と長袖に完璧に身を包み日光をやり過ごした。

↓船はこんな感じ。
ship.jpg

最初はマヤベイでシュノーケル。マヤベイとはあの、ディカプリオの「ザ・ビーチ」の舞台になった場所。本当に綺麗。
mayabay1.jpg

これもマヤベイ沖。こんなに綺麗なのよ~!
mayabay2.jpg

次はピー・レイ(ここは本当に綺麗でお気に入り)と、バイキングケイブに少しだけ停まってシャッタータイム。
この奥に見える薄いブルーの辺りがピーレイ。すごい綺麗なんだよ!
phileh.jpg

バイキングケーブ。2003年に行った時は桟橋があったけど無くなっていた。
vikingcave.jpg

その後、モンキービーチでシュノーケルした。モンキービーチとは、本当に猿のいるビーチなのだ!
でも猿は凶暴らしいので砂浜には近づかず、沖の辺りでシュノーケルした。
monkeybeach.jpg

その後、バンブーアイランドでシュノーケル。船の船長と仲良くなったら手をつないで、珊瑚の綺麗なポイントや大きな魚のいる場所、ニモのいる場所もいろいろ教えてもらってラッキー!船長がいるので置いていかれる心配もないしね☆なんて言っていると汽笛で呼ばれる。
船長は全然焦ってないな~。マイペース。
↓バンブーアイランド
banboo.jpg

そんな感じで最後はシャークポイントでシュノーケル・・・と、思ったらイルカの群れがいるという事で、シュノーケルツアーは急遽ドルフィンツアーに変更したのでありました・・・(笑)
ドルフィンを追い掛け回し、しばし船内は興奮の渦に包まれたのでありました。

ドルフィン達は私たちの船と遊んでいるかのように、ぐるぐると私たちの船の周りを気持ちよさそうに泳いで30分ほどして去っていきました。
dolphin1.jpg

こうしてツアーは幕を閉じたのでありました。

今回の参加で時期とか申し込み場所?によって船の大きさや、サービスなどが変わるのではないかと思いました。

※この記事は以前やっていたHPの記事を再掲載していますので2004年の情報です。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

ピピ島アイランドツアーの申し込み

2013.06.10(00:10)
ピピ島アイランドツアーは、前日までに申し込みをしましょう。
申し込みは、メインストリートの旅行社なら大体どこでも申し込みOKできます。
今回私が申し込んだのはセブンイレブンのすぐ隣の旅行社です。

トンサイ湾のフェリーの船着き場のあたりにいっぱい受け付けをしているところがありました。
値段を聞いて選ぶといいと思います。

船の種類などが違うと思います。

アイランドツアーとはピピ島のドン島を出発し、他の島を周りながらシュノーケリングやカヌーを楽しめるツアーです。大体9時にトンサイ湾を出発し、四時ごろ帰ってきます。
価格は500バーツ(約1400円)で、お昼ご飯付き。

(2004年のデータです)

2010年はもう少し値段が上がっていたと思います。

私が申し込んだピピ アイランドツアーのコースはこんな感じです。
tourmap.jpg

次回はアイランドツアー体験記(2004年版)です! 人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイ国内線が2000円!タイ航空スキ。

2013.06.09(02:55)
先日の個人手配の旅行代金公開の記事で、タイ国際航空の正規割引航空券が結構安いよっていう事にちょっと触れました。

私の拠点は中部国際航空セントレアなので、名古屋の例で話しますね。

 成田とか関空はすご~く、安いチケットがあるので、もしかしたらお得感がないかもしれません・・・。

なので、特に名古屋のあたりの方限定になってしまうかもしれませんが、それでもタイ国内線も含んでの価格が安いのでもしかしたら成田とか関空の方もお得になることもあり得るかもしれません・・・。(お得だと思ったらコメント欄から教えてください~。)

 まず最初に、正規割引航空券というのは、JAL(日本航空)とかANA(全日空)とかタイ航空等の航空会社で売られている割引されたチケットです。

 また、よく聞く格安航空券というのは、例えばHISやJTBなんかで売られているパッケージツアー用に旅行会社が購入しているチケットを個人に販売しているチケットの事を言います。

 結論を先に言うと、格安チケットの方が安そうなイメージがあるけど、格安チケットを購入するより、航空会社の正規割引運賃で購入した方が条件が良くて安い場合もあるよっていう事です。

 で、格安航空券だと乗り継ぎ便で安いっていうのが多いんです。たとえば、名古屋から出発して、上海で乗継してバンコクへ行くとか。当然時間がかかります。

タイ航空のHPにあるTGセーバー(タイ航空の正規割引運賃の名称)を見てください。

thaiair.jpg
↑赤丸で囲った所なんですが、たとえば一番上の列だと、バンコク行きは39000円で、プーケット行きは41000円です。この差は2000円です。

しかも、このTGセーバー、注意書きの所を見ると、

※途中降機  バンコクで往路・復路各1回可(無料) って書いてあります。

途中降機っていうのは、途中で空港の外に出て滞在できるっていうような事です。

つまり、バンコクに立ち寄って宿泊し、バンコクからプーケットへ行って何泊かしてから、またバンコクに立ち寄って帰ったり、初日にバンコクで乗換えだけしてプーケットまで行って、プーケットからの帰りにバンコクへ寄ってから名古屋へ帰ってもいいという訳ですよ。

う~ん!説明が下手っ!

たとえば~。

①名古屋→バンコク(2泊する)→プーケット(3泊する)→バンコク(2泊する)→名古屋
②名古屋→バンコク(同日に乗継する)→プーケット(5泊する)→バンコク(3泊する)→名古屋
③名古屋→バンコク→プーケット(7泊)→バンコク(スルーする)→名古屋

私だったら、プーケットから更にピピ島へ船で行きますね。

とか、そういうのがぜーんぶ自由なんですよ。

そうすると、タイ国内の国内線が2000円でついてくるのと同じような感じだと思いません?

私は以前は名古屋~バンコクまでの往復のチケットを買っておいて、国内線(上で言うと、バンコク~プーケット)のチケットを別で自分でLCCのエアーアジアなどで手配していたので、国内線だけで往復8000円~12000円ほどはかかっていました。だから、プーケットやチェンマイに立ち寄れて2000円プラスなんてすごいお得だと思ったのですが!!!

 国内線LCCもキャンペーンとかやっていれば片道1000円とかで乗れることもあるんですがなかなかいいタイミングがなかったりするので。しかも、国内線手配の手間も省けて一石二鳥!と思うんですが。

 あ、そうそう。LCCだと荷物の代金払ったり、超過が厳しい(体験記はこちらへ)けど、タイ航空だと荷物の代金も含まれてるしね。しかも~!機内食も一応軽食が出るよ~。エアアジアはなんでも有料だしね。

↓2010年に乗ったプーケット~バンコクのタイ国内線の機内食はクロワッサンと、パウンドケーキだったよ~♫
CIMG5778.jpg


 前回の2011年の旅はこのパターンでタイ国際航空の正規割引航空券を利用して、クラビへ行ってきました。
 
あっ。JALでも同じパターンで安く行けるはず。

2010年は確か、JALで同じパターンでプーケットへ行ってきました。(JALでもタイ国内線はタイ航空)

今回のTGセーバーの表だと、「【タイ7都市】チェンライ/ハジャイ/クラビ/コンケン/スラタニ/ウドンタニ/ウボンラチャタニ」にクラビは入っているのでバンコク39000円に対して、クラビは44000円ですね。プラス5000円でクラビまで行けちゃうってことですね。

 ほんと、以前はバンコクの旅行社で格安国内線チケットを捜したりしてもこんなに安いのはなかなか出てこなかったので張り切って記事にしてみました。

 ちなみに、個人手配の旅行代金公開の記事でも載せたんですが、このパターンのチケットの取り方は、周遊チケットから選ぶとできますよ~。
新しいビットマップ イメージ

これだけではわかりにくいかもしれないので、今度は周遊チケットの見方とかも、もうちょっと説明してみようと思いま~す!

↓↓記事が役にたったら、ランキングポチして頂けると励みになります(^-^)↓↓
人気の海外旅行



  人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイのお土産に タイカレーペースト

2013.06.08(00:58)
タイのお土産に気軽に持ち帰れるのが、カレーペーストはどうでしょう?

とても軽いのでいくつも持って帰れます。

前回のROI THAIのようなスープ状の物は重くなるもんね~。

このペースト激安で、タイのスーパーで確か3個セットで100円くらいで売ってた気がします。
20130605_160618.jpg

日本で有名でよく売っているメープロイ(MAE PLOY)というブランドがあるのですが、メープロイ(MAE PLOY)のペーストはタイのスーパーでももう少し高かった気がします。

最近買っていないのであいまいですが、日本で買うと、メープロイは200円以上したような気がします。

・・・・ていうか、今気づいたけど、この写真のペーストのブランド、MAE PRANOM BRANDって書いてある(笑)


メープロノムと読むのでしょうか?メープロイ(MAE PLOY)とのこの微妙な違い(笑)

パッケージも激似だし~。↓これがメープロイのパッケージ。


あータイらしい。こんなところも愛おしい(笑)

ただ、このカレーペーストなんですが、一つ問題が。

日本で別でココナッツミルクを購入しないといけないんです・・・。
(写真の右に写ってるようなやつです。)

缶に入っているやつで、私が良くいく輸入食品が売ってる神戸物産というところがやっている業務用スーパーでは78円~128円で売っています。
普通のスーパーだと同じ量でも200円以上する時があります。

↓この写真のココナッツミルクはタイ産でした。マレーシア産のもあって、この前はそっちの方が安かったかな?
20130605_160646.jpg

いずれにせよ、保存もできるし、このペーストでいつでも気軽にタイの味を楽しめますよ~。
うちにもストックがいっぱいあります^^

あっ!でも激辛ですよ!!!

タイカレーペーストの裏の作り方の翻訳載せておきます~☆
①ココナッツミルク少量とカレーペーストを鍋に入れて、オイルが表面に浮いてくるまで加熱する
②鶏肉・牛肉・エビ等を加えて炒めながら混ぜる
③火が通ったら、残りのココナッツミルクを入れて火が通るまで煮る。
④ご飯と一緒にお召し上がりください。
※お好みでナス、砂糖、ナンプラー、コブミカンの葉やバジル、トウガラシ等も加えてください。

私は、玉ねぎやジャガイモ、チキンとか入れます。最後にナンプラー入れるとコクが出て、味が変わると思います。

今まで我流で作ってたけど(笑)作り方改めてみたら砂糖入れるんだ~!これもコクが出ておいしくなりそう。

こんどやってみよ~う
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_
前ページ | ホームへ | 次ページ
タイの旅行情報 メニュー

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
カウンター
海外旅行お役立ちリンク集
タイまでの航空券

航空券買う前に最終チェック!


↑航空券ドットネット↑
航空券の比較が可能

↑TORNOS↑
JTBの航空券検索サイト


↑SKY GATE↑
24時間オンラインで空席照会できる


↑ABロード↑
航空券の種類が多い!


↑イーツアー↑
24時間申し込み可能


↑空旅.com↑



↑格安航空券センター↑


↑格安航空券JDA↑ オンラインで諸税などすぐ見られます。

旅行ガイドランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。