スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

タイ国内線が2000円!タイ航空スキ。

2013.06.09(02:55)
先日の個人手配の旅行代金公開の記事で、タイ国際航空の正規割引航空券が結構安いよっていう事にちょっと触れました。

私の拠点は中部国際航空セントレアなので、名古屋の例で話しますね。

 成田とか関空はすご~く、安いチケットがあるので、もしかしたらお得感がないかもしれません・・・。

なので、特に名古屋のあたりの方限定になってしまうかもしれませんが、それでもタイ国内線も含んでの価格が安いのでもしかしたら成田とか関空の方もお得になることもあり得るかもしれません・・・。(お得だと思ったらコメント欄から教えてください~。)

 まず最初に、正規割引航空券というのは、JAL(日本航空)とかANA(全日空)とかタイ航空等の航空会社で売られている割引されたチケットです。

 また、よく聞く格安航空券というのは、例えばHISやJTBなんかで売られているパッケージツアー用に旅行会社が購入しているチケットを個人に販売しているチケットの事を言います。

 結論を先に言うと、格安チケットの方が安そうなイメージがあるけど、格安チケットを購入するより、航空会社の正規割引運賃で購入した方が条件が良くて安い場合もあるよっていう事です。

 で、格安航空券だと乗り継ぎ便で安いっていうのが多いんです。たとえば、名古屋から出発して、上海で乗継してバンコクへ行くとか。当然時間がかかります。

タイ航空のHPにあるTGセーバー(タイ航空の正規割引運賃の名称)を見てください。

thaiair.jpg
↑赤丸で囲った所なんですが、たとえば一番上の列だと、バンコク行きは39000円で、プーケット行きは41000円です。この差は2000円です。

しかも、このTGセーバー、注意書きの所を見ると、

※途中降機  バンコクで往路・復路各1回可(無料) って書いてあります。

途中降機っていうのは、途中で空港の外に出て滞在できるっていうような事です。

つまり、バンコクに立ち寄って宿泊し、バンコクからプーケットへ行って何泊かしてから、またバンコクに立ち寄って帰ったり、初日にバンコクで乗換えだけしてプーケットまで行って、プーケットからの帰りにバンコクへ寄ってから名古屋へ帰ってもいいという訳ですよ。

う~ん!説明が下手っ!

たとえば~。

①名古屋→バンコク(2泊する)→プーケット(3泊する)→バンコク(2泊する)→名古屋
②名古屋→バンコク(同日に乗継する)→プーケット(5泊する)→バンコク(3泊する)→名古屋
③名古屋→バンコク→プーケット(7泊)→バンコク(スルーする)→名古屋

私だったら、プーケットから更にピピ島へ船で行きますね。

とか、そういうのがぜーんぶ自由なんですよ。

そうすると、タイ国内の国内線が2000円でついてくるのと同じような感じだと思いません?

私は以前は名古屋~バンコクまでの往復のチケットを買っておいて、国内線(上で言うと、バンコク~プーケット)のチケットを別で自分でLCCのエアーアジアなどで手配していたので、国内線だけで往復8000円~12000円ほどはかかっていました。だから、プーケットやチェンマイに立ち寄れて2000円プラスなんてすごいお得だと思ったのですが!!!

 国内線LCCもキャンペーンとかやっていれば片道1000円とかで乗れることもあるんですがなかなかいいタイミングがなかったりするので。しかも、国内線手配の手間も省けて一石二鳥!と思うんですが。

 あ、そうそう。LCCだと荷物の代金払ったり、超過が厳しい(体験記はこちらへ)けど、タイ航空だと荷物の代金も含まれてるしね。しかも~!機内食も一応軽食が出るよ~。エアアジアはなんでも有料だしね。

↓2010年に乗ったプーケット~バンコクのタイ国内線の機内食はクロワッサンと、パウンドケーキだったよ~♫
CIMG5778.jpg


 前回の2011年の旅はこのパターンでタイ国際航空の正規割引航空券を利用して、クラビへ行ってきました。
 
あっ。JALでも同じパターンで安く行けるはず。

2010年は確か、JALで同じパターンでプーケットへ行ってきました。(JALでもタイ国内線はタイ航空)

今回のTGセーバーの表だと、「【タイ7都市】チェンライ/ハジャイ/クラビ/コンケン/スラタニ/ウドンタニ/ウボンラチャタニ」にクラビは入っているのでバンコク39000円に対して、クラビは44000円ですね。プラス5000円でクラビまで行けちゃうってことですね。

 ほんと、以前はバンコクの旅行社で格安国内線チケットを捜したりしてもこんなに安いのはなかなか出てこなかったので張り切って記事にしてみました。

 ちなみに、個人手配の旅行代金公開の記事でも載せたんですが、このパターンのチケットの取り方は、周遊チケットから選ぶとできますよ~。
新しいビットマップ イメージ

これだけではわかりにくいかもしれないので、今度は周遊チケットの見方とかも、もうちょっと説明してみようと思いま~す!

↓↓記事が役にたったら、ランキングポチして頂けると励みになります(^-^)↓↓
人気の海外旅行



  人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

<<ピピ島アイランドツアーの申し込み | ホームへ | タイのお土産に タイカレーペースト>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ikithai.blog57.fc2.com/tb.php/101-0ed153f1
| ホームへ |
タイの旅行情報 メニュー

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
カウンター
海外旅行お役立ちリンク集
タイまでの航空券

航空券買う前に最終チェック!


↑航空券ドットネット↑
航空券の比較が可能

↑TORNOS↑
JTBの航空券検索サイト


↑SKY GATE↑
24時間オンラインで空席照会できる


↑ABロード↑
航空券の種類が多い!


↑イーツアー↑
24時間申し込み可能


↑空旅.com↑



↑格安航空券センター↑


↑格安航空券JDA↑ オンラインで諸税などすぐ見られます。

旅行ガイドランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。