2006年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 激安スーツケース(07/26)
  3. バンコク エアウェイズ 体験記(07/09)
  4. バイヨークスカイ バンコクのホテル(07/05)
  5. 30円でクルージング!エクスプレスボート(07/05)
  6. ソムタム 5連発 大好きな青パパイヤのサラダ(07/05)
  7. 海外旅行を探すなら(07/05)
  8. タイの青マンゴーすっぱくて美味しい(07/05)
  9. タイは具沢山のトムヤムクンがこんな値段です!(07/05)
  10. オカマバー マンボーにも行ってみた。(07/05)
  11. [タイ役に立つリンク集]タイへのツアー(07/03)
  12. タイのホテル予約に役立つリンク集(07/01)
  13. 格安航空券 リンク集(07/01)
  14. タイ国内線 航空会社(07/01)
  15. タイ国際線航空会社(07/01)
  16. 格安タイ国内線エアーアジア体験記(07/01)

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

激安スーツケース

2006.07.26(03:40)
タイだけではなく海外旅行へ行く時は旅行かばんに迷う方も多いでしょう。

スーツケースキャリーバッグを使う方も多いと思います。

そんな訳で激安スーツケースの通信販売ショップを紹介します。

スーツケースが卸値!『夢市場』


商品は例えばこの【送料無料・超軽量タイプ】大型Griffin(グリフィン)シリーズ超軽量タイプ





超軽量でスタイリッシュな大型のスーツケースのお値段はなんと!

7,480円 ![送料込]

他にもあります。

【電子ロック】鏡面仕上げスーツケース大型も格安で販売しています。




この【電子ロック】鏡面仕上げスーツケースにはなんと!一年間の保障が付いているのです。万が一破損した場合は修理がタダで受けられるんだって。

この優れものスーツケースのお値段がなんと!

8880円![送料込]

スーツケースを購入しようと思っている方は他にも格安のスーツケースがそろっているので一度夢市場

を覗いてみてください。

スポンサーサイト
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

バンコク エアウェイズ 体験記

2006.07.09(02:37)
バンコクからプーケットへの移動にバンコク エアウェイズ(Bangkok Airways)を利用したので搭乗記を書きます。

<チケットの手配の仕方>
チケットはオンラインでバンコク エアウェイズのHPから自分で手配しました。申し込みページは英語だが、日本語のホームページがあって、簡単に予約の仕方も書いてある。

クレジットカードで決済、予約確認書を印刷して、飛行機に乗る一時間前までに決済をした「クレジットカード・予約確認書・パスポート」を持ってカウンターへ行けば乗れるので簡単。

<バンコク エアウエイズの値段>
値段は税込みで1645B (約5000円)でした。[片道の料金です。]

復路は格安航空会社 エアー アジアを利用しました。
エアーアジア搭乗・チケット手配の体験記はこちら。

<バンコク エアウェイズ搭乗機>
復路のエアーアジアでは荷物の超過料金を取られたが、往路のバンコク エアウェイズでは荷物の超過料金は取られませんでした。

 バンコクのドン・ムアン空港にはバンコク エアウェイズの専用ラウンジがあり出発前からパンや小さなお菓子やコーヒーなどを無料で振舞うカウンターがあり、とても便利で感動しました!サービス満点★
バンコク エアウェイズ ラウンジの無料コーナー


そしてバンコクからプーケットまでの約1時間半の間にもちゃんとした機内食が出ました!
バンコク エアウェイズ 機内食


 エアーアジアと、バンコクエアウェイズを比べるとサービスではバンコク エアウェイズの方が上回ると思った。

 今回はバンコク エアウェイズのキャンペーン料金がたまたまあったのでエアー アジアとの価格差が1000円程度しかなかったので、エアーアジアで取られた預け入れ荷物の重量オーバーの超過料金を考えると、500円しか価格差が無かった。

 普段はエアーアジアの方が断然安いのかもしれませんが、もしも500円の差でこのバンコク エアウェイズのサービスが受けられるのなら間違いなくバンコク エアウェイズをオススメします。

<関連記事>
エアーアジア搭乗・チケット手配の体験記はこちら。

※この搭乗記は2004年7月のものです。 人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

バイヨークスカイ バンコクのホテル

2006.07.05(23:07)
バンコクの街でひときわ目を引く高層ビルがバイヨークスカイです。

バイヨークスカイは88階建てのビルで高層階にレストランがあります。ホテルとして部屋が使われているのは50階くらいまででそこからは空き家という話をホテルマンに聞きました。

朝食はバイキングでレストランが78階にあったので眺めが抜群でした。

バイヨークスカイからバンコクの眺め

これがレストランからの眺めです。目がくらむー!

私たちが泊まった部屋はジュニアスイートで45階くらいでした。眺めも良かったのですが窓が意外と小さかったです。部屋はとても広くてバスルームにはシャワーブースがバスタブとは別にあり清潔感もありました。ウォークインクローゼットも付いていました。

フロントが

レストランでの朝ごはんはブッフェスタイルです。↓従業員さんを見て分かるように(笑)和食がたくさんあります。
バイヨークスカイのレストランにて

レストランの従業員さんが合格のはちまきを巻いてました。(笑)

ホテルの近くにはプラトゥーナーム市場という衣料品の市場があり、Tシャツなどが安く買えます。

またこのバイヨークスカイの地下にも衣料品の卸のお店がたくさんあって面白かったです。服の首の後ろにあるブランドのタブのようなものが巻きで売っていたりしてびっくりしました。

すぐ隣のインドラリージェントホテルのショッピングセンターが意外と大きくて若者向けの服もあり、靴や時計なんかもかわいいのが売っていました。2006年1月に訪れた時は改装していて綺麗になっていました。

バイヨークスカイのレストランのすぐ下の階には展望スペースと展示品がおいてありちょっとした見所でもありました。レストランの階から階段で降ります。朝ごはんの後にでもどうぞ。無料でした。
バイヨークスカイ


そんな訳で、バイヨークスカイの展望台は宿泊しないで行くと結構お値段がかかりますのでどうせなら宿泊して楽しむのもいいと思います。

バンコクに行ったら一度は宿泊したいホテルです。

アップルワールド バイヨークスカイのページでは部屋の様子などが360度見られ、予約もできます。

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

30円でクルージング!エクスプレスボート

2006.07.05(16:35)
チャオプラヤーエクスプレスボートからの眺め


風を切ってチャオプラヤー川をクルージング。

そんな体験もたった30円という格安で出来るのがタイ旅行の醍醐味!

この写真は水上交通のエクスプレスボートチャオプラヤー川からヒルトンを眺めた写真。

チャオプラヤーエクスプレスボートはチャオプラヤー川を走るバスのようなもので今も現地の人の交通機関として利用されている。

オススメのコースはBTSの終点の「サパーンタークシン駅」に接続している「サートーン」という船着場から王宮周辺までの船旅。

運行は約20分毎。

チケットは船の中で検察の人に降りる場所を告げてお金を払う。

主な船着場を3つ紹介しておきましょう。

サートーン(Sathorn)・・・BTSサパーンタークシン駅、シャングリラホテル

ター・ティアン(Tha Thien)・・・ワット・ポー(徒歩5分)・ワット・アルン(船着場から渡し舟で対岸へ)

ター・チャーン(Tha Chan)・・・ワット・プラケオに近い。徒歩約5分


「ワットポー」などの目的のお寺などの名前でも多分大丈夫だと思います。

サートーンの船着場にて

↑サトーンの船着場。

ここがちょっと厄介なところなんだけど、車内放送とかがないので地図を見ながら自分で降りないといけない。外の景色と地図を照らし合わせて降りてみるか、周りの人に目的地を言って教えてもらおう。私は地球の歩き方と周りの景色を見比べて降りてます。

エキスプレスボート船内は風が吹き抜ける

↑エクスプレスボートの船内。現地の人が多い。

乗り過ごしても歩いて10分くらいで隣の船着場まで歩いていけるので大丈夫。

チケットは行き先によって違うが大体20円から40円くらいです。一度検察が来なくてただ乗りしてしまった事さえ・・・・。

降りるところが近くなってきたら後ろへ移動して降りる準備をしよう。私は初めて乗った時降りるタイミングが遅くて、船着場と動き出す船に足をかけていたので川に落ちそうになった。友達が助けてくれたから良かったけど、安全確認なんてあったもんじゃない!(笑)迅速に降りてください。


チャオプラヤ川からワットアルンを眺める

このチャオプラヤーエクスプレスボートはこんな風にワット・アルン(暁の寺)も望めて安くて最高です。

ワット・プラケオを出た時とかに観光ボートの勧誘をしてくるおじさんが居ますが2000円くらいしたので、それもいいけど、30円でチャオプラヤー川の旅を楽しめることを覚えておいてね。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

ソムタム 5連発 大好きな青パパイヤのサラダ

2006.07.05(15:52)
私がタイへ行く楽しみの一つはソムタムが食べられることです。

ソムタムとは青パパイヤのサラダです。フルーツのパパイヤのように甘くなる前のパパイヤを細切りにしたものでタイ東北部のイサーン地方の料理です。

ソムタムの具は、青パパイヤの千切りとピーナッツ、小海老、インゲン、トマト、ニンニク、唐辛子。味付けは魚礁「ナンプラー」と砂糖、マナオ(ライムみたいなもの)で味を付けてあります。

それを壷のような容器に入れて叩いて味をしみこませるのです。

青パパイヤ

↑これが青パパイヤです。

バンコクでもソムタムはどこでも食べる事が出来ます。
私はタイへいったら毎日食べます。女性にはヘルシーでオススメです。タイへ行かれたら是非食べていただきたいオススメのタイフードです。

それでは前回の旅行で食べたソムタム達を紹介しましょう。
最後にソムタムオーダーの仕方が書いてありますので参考にしてくださいね☆

ソムタム MBKフードコート

↑MBK(マーブンクロンセンター)フードコートのソムタム

⇒ソムタム 5連発 大好きな青パパイヤのサラダの続きを読む 人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

海外旅行を探すなら

2006.07.05(03:44)
タイ旅行だけでなく、海外旅行へ行く時にとても役に立つサイトを紹介します。

いくつかの旅行会社が航空券やパッケージツアーを掲載していて比べやすいです。

どのサイトも、「方面(アジア)→国名(タイ)→都市名(バンコク)」というような感じで選んでいくと目的に合ったパッケージツアーや格安航空券が表示されます。

Yahoo!トラベル
航空券・パッケージツアーの量はとっても多いです。使いやすいしお勧め!

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイの青マンゴーすっぱくて美味しい

2006.07.05(03:20)
タイ青マンゴー


タイの屋台でよく売っているんですがタイの青マンゴーです。

私たちの良く知る黄色いマンゴーとは違ってすっぱくてちょっと固め。

これにタイ青マンゴー塩スパイス


この青マンゴーには上の写真のようなスパイスというか塩みたいなのをつけて食べます。

わたしがこの青マンゴーを知ったのは友達の彼女がタイ人でいつもこれを買って「食べる?」ってくれたからです。

私は甘くなくて歯ごたえのある青りんごみたいな味が好きです。

しかし、一緒に行った日本人の女の人は好きじゃないとも言っていました。

町を歩いていると売っているのでこの青マンゴーを一度買っててべて見てね!

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイは具沢山のトムヤムクンがこんな値段です!

2006.07.05(03:04)
タイといえばトムヤムクン

辛いけれど具がたくさん入っていておいし~んですよね。
今回食べたトムヤンクンもえびがたくさん入っていて酸味があって美味しかったです。

こんな風に具がたくさん入ったトムヤムクンが40バーツ(約120円)で食べられてしまうんです。日本だったら1000円は軽くします。

このトムヤムクンスクンビットソイ19のロビンソンデパートの地下一階のクーポン食堂で食べました。

タイトムヤムクン


人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

オカマバー マンボーにも行ってみた。

2006.07.05(02:49)
前回のタイ旅行キャバレー カリプソに行き、オカマショーにすっかりはまってしまった私は、今回はマンボーというオカマショーを見に行ってきました。

あの華やかなオカマさんたちをもう一度見たい!というわけで再度、タイの現地旅行会社のウェンディーツアーでチケットを購入し行って来ました。

2004年はキャバレーカリプソだと350バーツ<約1000円>でVIP席に座れたんだけど500バーツくらいに値上がりしてたので、今度はマンボーに行ってみました。現地の旅行会社でクーポンを購入していくと約半額で入場できるのです。

マンボーはVIP席が340バーツ<約1000円>。

さて、現地に着くとマンボーはとっても大きくて白い建物でした。夜に怪しく光るその姿はまさにエンターテインメント!期待してチケットを交換し、中へ入ると・・・。

会場がものすごく広かったのです。その分席も後ろの方でした。VIP席を購入したのにがっかり・・・。ステージがちょっと遠めでカリプソの3倍くらいは最低でもお客さんが入る感じ・・・。うーん。席にもよるけど、こんなに遠いならあと200バーツ払ってカリプソの方が正解か?

と、思いつつもオカマショーが始まりました。
オカマバーのオカマショー


歌あり、踊りあり、笑いありのショーでした。

会場は日本人と中国人で埋め尽くされていたので日本語の歌や中国語の歌が歌われていました。(クチパクですが。)

タイオカマバーのオカマショー

⇒オカマバー マンボーにも行ってみた。の続きを読む 人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

[タイ役に立つリンク集]タイへのツアー

2006.07.03(15:38)
タイへは自分で手配するのもオススメなんですが、空港からホテルまでの送迎も付いたパッケージツアーでも簡単手軽に行けます。ここではタイへの安い&快適パッケージツアーを探せるサイトを紹介します。

タイツアー

ロイヤルオーキッドホリデイズで旅をアレンジ!!
サービスがよい事で評判のタイ国際航空の旅行ブランド「ロイヤルオーキッドホリデイズ」。お手軽なパッケージツアー・フライトとホテルが選べるツアーなどが豊富です。タイに強い旅行会社でオススメ!


てるみくらぶ
てるみくらぶは24時間リアルタイムの空席照会&オンライン予約ができるので(一部コースを除く)、思い立った時にスグに予約ができます。しかも安い。こちらもオススメの旅行会社です。

阪急交通社

日本旅行 海外爆発!プライス イチ押しセール!ご予約はお早めに!!
日本旅行の海外旅行ブランドマッハ。
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイのホテル予約に役立つリンク集

2006.07.01(21:11)
タイのホテル予約に役立つサイトを集めました。
日本の会社とタイの現地にあるホテル取り扱い会社を紹介しています。どちらも日本語で予約できる会社ばかりで便利です。

《日本にあるタイのホテル予約サイト》

タイのホテル予約 アップルワールド
 実際にホテルに泊まった人の口コミや写真やホテルの情報を見ながら予約できます。日本で支払いも済ませられ現地で手間いらずです。便利さNo.1だと思います。

JHC
 こちらも口コミやホテルの情報を参考にしながら予約できます。日本で支払いが済ませられ手間要らずなのはアップルワールドと同じです。
 最近では毎年開催されている、一室で3000円・5000円・10000円・15000円均一料金のホテルバーゲンは面白い企画です。

楽天トラベルで世界のホテルを簡単予約
 いわずと知れた巨大サイトの海外ホテル予約サイトです。支払いは「現地決済」「事前カード決済」のいずれかで現地の通貨建てです。取り扱い件数もなかなかです。


オクトパストラベル バンコクのホテル
 オクトパストラベルは世界112ヶ国、3,300都市、約20,000ホテルの予約が可能です。タイのホテルについても部屋の写真などの情報量も多く利用しやすい会社です。


《日本から予約できるタイ現地の旅行会社》

ドリームカムズツアー
日本の方がタイで運営する会社です。日本語でメールなどでやり取りをして予約できます。サービスアパートメントという家具つき・ベッドメイキング・クリーニングなどのサービスつきのアパートにホテル滞在気分で滞在できます。現地人気分も味わえ、ホテルよりも広々ゴージャスな気分が味わえるのでオススメ!バンコクについてはサービスアパートメントの取扱量がピカイチ!

ドリームカムズホテル
ドリームカムズツアーが運営するホテルのサイトです。

ホテルタイランド
こちらも日本語でメールなどのやり取りで予約できます。クレジットカードなどで支払いが出来るので(一部除外あり)便利です。タイ全土で730件以上のホテルを予約できます。こちらもとても使いやすく便利でした!
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

格安航空券 リンク集

2006.07.01(20:39)
タイ行きの格安航空券を探して自分だけのタイ旅行を作って出かけてみよう!

タイのホテル予約はタイホテル予約サイトリンク集を参考に。

組み合わせて自分だけのオリジナルタイ旅行を作れます。

海外自由旅行のGTO!
 GTOは日本で初めて格安航空券とホテルを自由に組み合せた海外ツアーを24Hオンライン予約できるダイナミックパッケージシステムをリリース。新聞にも紹介された注目のサービス。

たびジョイの24時間オンライン自動予約
 たびジョイの海外格安航空券。格安航空券の24時間イツモ・オンライン即時自動予約サイト。地方発着便、学生料金、ビジネスクラス、各種充実の品揃え、空席照会、スケジュールもその場で確認可能です。

エアナビ.com
 全国発着全世界行きの4000コース以上の海外格安航空券を24時間オンライン予約出来ます。空席を確認しながら海外格安航空券を簡単予約!

【楽天トラベル】海外航空券
海外格安航空券や海外ホテルが24時間オンラインで即時予約OK!ビジネスマンの急な海外出張やレジャーでの家族旅行にも便利! 航空券購入で楽天スーパーポイントが獲得できるのも魅力です!
人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイ国内線 航空会社

2006.07.01(20:35)
タイ国内線の航空会社 リンクリスト




<タイ国内線>
エアーアジア(英語)

プーケット→バンコク線のエアーアジアに実際に乗ってみた体験記あります☆

マレーシアの航空会社ですが、格安でタイ国内線に乗れるエアーアジア!バンコクからマカオやマレーシアなど国際線もあります。タイ国内線が約600円で乗れるなど驚きの価格のプロモーションがあります。英語ですがタイの国内線に乗る予定のある方は一見の価値あり!


バンコクエアウェイズ

バンコクドン・ムアン空港にはバンコクエアウェイズ専用ラウンジがあり出発前に軽食とコーヒーも無料です。サービスはよい航空会社です。



プーケットエア(英語)


One-two-goオリエントタイエアウェイズ(英語)

タイのタクシン王が経営する航空会社です。 人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

タイ国際線航空会社

2006.07.01(16:53)
タイへの国際線航空会社リンクリスト

全日空バンコク線
日本航空
タイ国際航空

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_

格安タイ国内線エアーアジア体験記

2006.07.01(16:09)
タイの国内線を格安で運行しているエアーアジアに乗りました。

このエアーアジア搭乗、実はちょっとしたハプニングがありました。

エアーアジア航空は預け荷物重量に厳しい事でちょっと有名だったので心配していました。しかし、今まで飛行機に乗って重量オーバーなんて言われた事がありませんでしたからまさか自分があんな目に逢うなんて思っていませんでした。

私がエアーアジアに登場したのはプーケットからバンコク線です。

プーケットからピピ島へ行った帰りでした。

私はプーケットに着く前バンコクでお土産に特大のモンダミンみたいな液体を購入していました。日本より安いと思って買ったけど・・・。お土産に缶詰とかも購入していました・・・。

エアーアジアのカウンターに行くと、荷物を体重計みたいな所に乗せます。

すると・・・!エアーアジアのカウンターのおねーちゃんは重量オーバーの超過料金を払ってくださいと言ってきたではないか!

預け入れの荷物が15kg以上だと1kg超過ごとに80B取られるのだ~!

タイの格安の物価に慣れ親しんだ私たちは、とっても悔しいので頑張って手荷物の袋に荷物を押し込んでなんとか2kgオーバーの160B(450円)追加料金まで抑えた。

エアーアジアのカウンターのおねーちゃんたちは、超過した重さを量って計算機で計算して請求してくる。噂によると、人によっては請求されないとかされるとか・・・。全て気分次第か?ぶ~たら文句をたれながら何とかチェックイン終了。

今回のプーケット~バンコクのエアーアジア航空ののチケット料金は税金など混みで1284B。(約3600円)

荷物の追加料金を支払うとエアーアジア搭乗にかかった料金は合計で4050円となる。

往路はバンコクエアウェイズを利用したがキャンペーンでチケット料金が税金込みで1645B (4610円)だったのでアジアエアーとは560円しか変わらない。

エアーアジアは格安の代わりに機内でのサービス(ドリンクサービスや軽食など)が有料なのです。

バンコクエアウェイズは待合の時点からフリードリンク・軽食サービスあり。

更に荷物の重さも往復ともほとんど変わってないのだがバンコクエアウェイズでは超過料金が取られなかった。
これがたった560円の差なら,今回のような場合バンコクエアウエイズを選ぶほうが気分がいいなぁとも思いました。

エアーアジアの機内は可もなく不可もなくといった感じ。機内ではドリンクやフードだけではなくエアーアジアのロゴグッズを売ろうとしている・・・。

そんな訳で、エアーアジアはサービスはほとんどなしに等しいですが、確かにエアーアジアの特定便の価格はかなり魅力的です。格安なのには間違いない!そんな訳で国内やマカオなどの国際便にもお得チケットがありますので荷物は手軽にという場合において、エアーアジアは十分利用できる航空会社です。プーケットからバンコクのタイ国内線料金が4000円というのはいずれにしても格安ですよね。

もしもバンコクでお土産を買う前にプーケット/ピピ島のほうから先に訪れるのなら荷物も軽いし問題もないかな?

エアーアジアについて、どのように予約をしたのかなど、他の記事でももう少し詳しく説明していますので良かったら読んでくださいね。↓

関連記事1 →タイ国内線に600円から?エアーアジア
関連記事2 →安いっ!エアーアジア 空席・料金照会の仕方

エアーアジアカテゴリー全般

人気の海外旅行


 
↑記事が役に立ったらクリックお願いします_(._.)_
タイの旅行情報 メニュー

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
カウンター
海外旅行お役立ちリンク集
タイまでの航空券

航空券買う前に最終チェック!


↑航空券ドットネット↑
航空券の比較が可能

↑TORNOS↑
JTBの航空券検索サイト


↑SKY GATE↑
24時間オンラインで空席照会できる


↑ABロード↑
航空券の種類が多い!


↑イーツアー↑
24時間申し込み可能


↑空旅.com↑



↑格安航空券センター↑


↑格安航空券JDA↑ オンラインで諸税などすぐ見られます。

旅行ガイドランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。